ビシヨマ・テンヤ専門船として

子供の頃、長崎でテンヤを覚えた私は、色々な魚釣りをしていく中で
糸と針だけを使うテンヤ釣りにはまりました。
マキエを使って魚を寄せて釣る釣りと違いテンヤに鯛を振り向かせ
ないと釣れない 大変技術のいる釣りだと今でもつくづく思います。

ビシマ・テンヤの魅力について「週刊つりニュース」でもおなじみの
福岡ビシマ 様に詳しく解説をして頂きましたので
参考にして頂ければ幸いです。


木鶏丸船頭  


ビシマ・テンヤ釣りの魅力
           福岡ビシマ(週刊つりニュースAPC)

私がビシマ道具と出会ったのは今から30数年前のことである。
終戦の混乱期、遊びと言えば東京湾のハゼ釣りしかなかった幼児期の体験が、社会人になった時の趣味を自然と沖釣りに向かわせていた。
知り合いの紹介で、乗り合い船として開業間もない伊豆大島がホームグランドとなった。
当時そこでの釣り方はテンビンの付いたアンドンビシにイワシのミンチを詰め、サンマの切り身を付ける、現在支流のコマセ釣り、ズボ釣りに近いものであった。
青物狙いが主であったが、真鯛が釣れる時期には車えびを餌にした「しゃくり釣り」も行われた。
しゃくり釣りは15号程度のおもりの先に2〜3号の豆テンヤを付け、サオを振ってテンヤを踊らせる方式で今も東京湾口の一部で行われている。
私も釣行の際には必ずしゃくり道具を持参した。

ある時、潮が非常に悪く、乗船者のほとんどがしゃくり釣りをしていても全く鯛を釣ることが出来なかったことがある。ところが1人の方だけは初めて見る道具で次々と真鯛を釣っていた。
私はしばし自分の釣りを忘れてその方の仕草を見ていた。
海底の起伏に合わせて頻繁にタナを取り直しては、道具を何度も入れ替えているように見えたが、その都度確実に真鯛を釣り上げるのである。
その動作には寸分の無駄もないように思えた。
しゃくり釣りでは船長が指示する長さだけ道糸を出し、サオを上下しているだけで釣れるのに、何とせわしない釣りだろうか。
しかし職漁者にも似た激しい気迫に圧倒されてしまった。

結局その日は他人は全く釣れない中で、その方の独断場であった。
後で船長に聞いたところ、その道具が千葉県外房で使われている
ビシマ道具であることがわかった。
この日の体験は強烈な印象として深く長く私の脳裡に残った。
次回は絶対ビシマ道具を手にして出かけると決めたが、仕事の都合で、その後伊豆大島での沖釣りが実現することはなく、いつしか釣りも趣味から離れてしまった。

平成に入り、九州に赴任するようになって、すぐに佐賀、長崎地区にビシマ・テンヤによる鯛釣りの乗り合い船が存在することを知った。
20年以上の空白を経て、東京で実現できなかったことが可能になり、たちまちビシマ・テンヤ釣りにのめり込んだ。

◆ビシマ道具の特長はいろいろあると思うけども、まず潮流や魚の活性、タナを釣り人が自由に(自分の責任で)判断し、臨機応変に戦略を変えることができる点があげられると思う。
また釣り人の指先とテンヤやえさが直結しているので、海底の状況を把握することも、魚と直接対話できるわけである。これが偶然釣れた釣りから戦略的に釣れた釣りに転換させるのだと思う。
しかし判断を間違えれば、他の乗船者よりも釣れないこともある。
しかしそれはそれで面白いし貴重な体験と思う。出船すれば必ず釣れてしまうのでは、かえって妙味は薄いのではなかろうか。
運が左右するかもしれないが、理屈もある。しかし理屈ばかりでもない。
毎回新しい体験とドラマが待っている。それが釣り人の好奇心をかきたてる。そして戦略をすこしでも確実にするために、過去の釣行メモを見、仕掛けに工夫を凝らし、気象や海流や釣り場の海図を眺めては情報を集めて分析する、それも実に趣味として面白い。

関東ではビシマ道具の本家を紀州和歌山と断定しているが、一説では五島列島である。
対馬海峡や玄海灘の激しい潮流で効果を発揮するこの道具を手にするとき、私は五島発祥を信じたい。
オキアミを使ったコマセ釣りが沖釣りの主流になった中で、一本釣り道具の最高傑作ビシマ道具は伝統文化として永く残して欲しいものである。
福岡市という九州一の大都会の膝元から手軽に釣行できるビシマ・テンヤ専門船の出船を決断された木鶏丸に心よりエールを送らせて頂きたい。


森下名人 
テンヤの魅力読む
山岡名人 
テンヤの魅力読む
上田名人 
テンヤの魅力読む
圓野名人
テンヤの魅力読む